生産拠点展開

各生産拠点に、営業~設計~製造~金型メンテナンスの機能があり、拡大する需要に応えるだけでなく、金型輸送に掛かるコスト・時間の圧縮、迅速な対応、更に災害によるリスク分散など、お客様への信頼とサービスに繋がる生産体制を創業より貫いています。

本社・本社工場

熊本工場

宮崎工場

メイセイ ベトナム
MEISEI VIETNAM CO., LTD.

メイセイ インドネシア 
PT. MS MOLD INDONESIA

品質保証

工程での検査を実施し、不良を後工程に流さない体制を確立すると共に、品質保証部門の独立性を確保しています。製作した金型毎の評価を徹底し次型へ反映することで継続した品質の向上を推進することを目的とした「報奨金制度」を推進しています。

高い技術力

自動車の顔とも言えるヘッドランプ、後ろ姿を際立たせるリアコンビネーションランプは自動車のデザイン上重要な部品で、その「意匠」を実現する金型には、デザイナーの意思を充分に反映し得る高い技術力が求められます。
歪が無く高い透明性を持つ高品位な面を造りだす「鏡面磨き」、必要な配光の確保に欠かせない「微細加工」、アンダーカット処理に必要な信頼性に優れた様々な「スライド機構」・・・などを得意としています。

→詳細はこちら

実習制度で技術力の底上げ

海外拠点の技術力向上と連携の強化を目的として2011年より海外拠点の社員を日本工場に受入れ、教育しています。
実習で習得した技術と日本語により、各拠点間の連携だけでなく、お客様からの海外への出張要請にも応えられるグローバルな社員を育てる制度です。

MSI 日本研修の様子

現在、本社工場・宮崎工場にてMSIから6名研修をしています。
本社工場では、設計・ミガキ、宮崎工場ではCAMをそれぞれ1年間学びます。

本社工場 設計での研修

本社工場 設計研修

本社工場 ミガキ研修

宮崎工場 CAM研修

社員を大切に

「物づくりは人づくり」の理念の基、各階層別に実施している社外研修制度、社内では管理者を対象にした部門方針活動、グループで行うQC活動、全員参加の改善提案制度を通して、「自ら考え自ら行動出来る人」の育成に力を入れています。
また社員の能力を最大限発揮するための活動として、すべての社員に適性能力検査を実施し、適材適所に働ける環境の提案をしています。
雇用体系においても、創業時より従業員は全て「正社員」を基本として雇用し続けています。

愛知ブランド企業 に認定されました NEW!

認定確率 50%の難関を突破して、愛知ブランド企業に認定されました。
弊社は「 先端加工技術 と 手の感覚で仕上げる鏡面磨きの「 匠 」の職人技の融合 」 
の技術が認定されました。

ものづくり愛知を支えるキラリと光る企業群として、
自分たちの技術に誇りを持ち、さらなる発展を目指していきたいと思います。

※「愛知ブランド企業」とは…
「優れた理念、トップのリーダーシップのもと、業務プロセスの革新を進め、独自の強みを発揮し、環境に配慮しつつ、顧客起点のブランド価値等の構築による顧客価値を形成している製造企業」です。

認定式 集合写真

ホームページ リンク

南谷社長 と 愛知県知事 大村秀章 様

鏡面磨き サンプル

熊本工場・宮崎工場 増強設備紹介 NEW!

熊本工場に「ワイヤ放電加工機」、宮崎工場に「5軸立型マシン」が新たに導入されました

三菱電機 ワイヤ放電加工機 MV2400S

最大ワーク寸法:1050×800×295
最大積載量:1500kg  

牧野フライス 5軸立型マシニングセンタ D800Z

移動量:1200(X)x1100(Y)x650(Z)
   -93゜~0゜(B軸) 360゜(C軸)
テーブル面の大きさ:φ800
最大ワーク寸法(直径x高さ):φ1000x550㎜
最大積載重量:1200㎏
主軸回転速度:50~14000rpm
工具収納本数:40本        

その他設備は、コチラからご確認ください。

「金型マスター」 認定されました NEW!

名古屋精密金型で活躍されている3名
本社工場 取締役品質本部長 長田敬道
熊本工場 製造課長 中山健二
宮崎工場  松元博実
が、「金型マスター」に認定されました。

※「金型マスター認定制度」とは…
日本金型工業会による、日本の金型メーカーが作る高品質な金型を世界へ発信し差別化を図るという取り組み。
認定されるには、金型アカデミーを受講する必要がある。
金型アカデミーを受講する推薦基準は、日本金型工業会正会員に所属し、日本の金型作りを後進に伝える能力・意欲のある者で、金型製造を10年以上経験し工場長・工場長に準ずる能力のある者

本社工場に「くまモン」が来訪されました NEW!

熊本県営業部長の「くまモン」が、
本社工場へ表敬訪問に来てくださいました!

またゲストには、卯の里小学校の子どもたち、東浦町商工会の皆さん、
愛知県東浦町の観光マスコット「おだいちゃん」をお迎えしました。

熊本地震からの復興についてお話や工場見学のあと
「あいちの名工」認定 木下技師より「くまモン」と子どもたちへ
ミガキの指導をしてもらい、
実際にお
仕事の体験をして頂きました。

可愛い名刺やお土産ありがとうございました♪
とても充実した一日になりました。



現在 熊本地震(平成28年)から1年半以上が経過しました。
弊社熊本工場 新工場も無事操業を開始しております。

地域の団体と共に復興に当たり、
震災以前よりも地域との関わりを強める事が出来ました。

これからも熊本の早期復興を願っております。

記念撮影

工場見学

ミガキ体験

名刺交換

くまモン名刺(表)

くまモン名刺(裏)

くまモン訪問の様子が、1月5日付「中部機工新聞」に掲載されました

株式会社 エムエス製作所 と業務提携いたしました NEW!

このたび当社は、株式会社 エムエス製作所 と業務提携をいたしました。

株式会社 エムエス製作所 は愛知県清須市を拠点に
ゴム成形金型、ウェザーストリップ成形金型設計製作を行っている企業です。

また 主な海外拠点が中国、タイ、インドネシア、メキシコ、インドにある為、
株式会社 エムエス製作所 の海外拠点内にて弊社の金型メンテナンスも可能になります。

株式会社 エムエス製作所 ホームページ http://www.msgroup.co.jp/

海外でのメンテナンスに関するお問い合わせは、営業 桝本までお願い致します。

「IPF Japan 2017 (国際プラスチックフェア)」に出展いたします 

幕張メッセにて2017年10月24日(火)より5日間開催されます
「IPF Japan 2017 (国際プラスチックフェア)」へのブース出展が決定いたしました。

10月25日(水)、10月26日(木)の2日間は
ベトナムやインドネシアの研修生によるミガキ実演や、
テストピースでのミガキが体験して頂けるコーナーもございます。(両日10時半頃から16時まで)

ご都合よろしければ是非足をお運びくださいませ。

 ■期間:2017年10月24日(火)~10月28日(土) 5日間
 ■時間:10:00-17:00 ※最終日は16:00まで

 ■会場:幕張メッセ(〒261-8550 千葉市美浜区中瀬2-1)
 ■主催:国際プラスチックフェア協議会
 ■料金:インターネットによる事前登録者、招待券持参者は無料
          会場での当日登録は登録手数料として 1,000 円 (5日間有効)

 ■当社ブースNo:4MB01

詳細は、下記よりご確認ください。
公式サイト:
http://www.ipfjapan.jp/

かながた新聞に掲載されました 

当社が9月10日付かながた新聞に掲載されました。
伊勢金型工業 株式会社 との技術提携に関する記事になっております。

→こちらよりご確認ください(PDF)

MSI(インドネシア工場)に新しい機械を2台導入いたします 

MSI(インドネシア工場)に、
下記2台の新しい機械を導入することが決定いたしました。

①5軸高速マシニングセンター
  DMG DMU80 mono Block 980x630x630

②大型マシニングセンター
  WELE SB216 2120x1600x800

その他設備は、コチラからご確認ください。

MSV(ベトナム工場)に新しい機械を2台導入いたします

MSV(ベトナム工場)に、
下記2台の新しい機械を導入することが決定いたしました。

①3次元測定器(CMM)
 
Global advantage12.15.10
  X=1200㎜,Y=1500㎜,Z=1000㎜

②大型マシニングセンター
 
DCV2012B
  X=2000㎜,Y=1200㎜,Z=762㎜

その他設備は、コチラからご確認ください。

伊勢金型工業 株式会社 と技術提携いたしました

このたび当社は、伊勢金型工業 株式会社 と技術提携をいたしました。

伊勢金型工業 株式会社 は三重県伊勢市を拠点に
自動車、電装部品の射出成形金型設計・製作、検具の設計・製作を行っている企業です。

また 中国(広州、武漢)、北米(オハイオ)にも金型のメンテナンス等を行う拠点があるため、
伊勢金型工業 株式会社 の海外拠点内にて弊社の金型メンテナンスも可能になります。

伊勢金型工業 株式会社 ホームページ http://www.imi-wwg.com/

海外でのメンテナンスに関するお問い合わせは、営業 桝本までお願い致します。

本社工場の入口道路を拡張いたしました

本社工場の入口道路拡張工事を行いました。
大型トラックでも東浦知多インター側からスムーズに入門できるようになりました。

東浦知多インター側

巽ヶ丘駅側

本社工場 増強設備紹介

三菱電機ワイヤーカット MV2400Sコラムアップ仕様  
 □用途:ワイヤ放電加工機
 □機械グレード:高生産性機
 □機械サイズ:中形機
 □シリーズ:MV-Sシリーズ
 □形名:MV2400S(コラムアップ仕様)
 □最大加工物寸法:1050mm×820mm420mm
 □工作物許容質量:1500kg
 □テーブル寸法:840mm×640mm
 □各軸移動量:600mm×400mm×425mm
 □外形寸法:2837mm×3030mm×2380mm
 □機械本体質量:3650kg
 □加工槽扉:全面自動昇降扉

熊本工場 増強設備紹介

牧野フライス 立型マシニングセンタ V77L
テーブルサイズ(mm):1650X700
最大積載重量(Kg):2000

ファナック ロボドリル α-D14MiB5 
テーブルサイズ(mm):650X400
最大積載重量(Kg):300

三起精工 ダイスポッティングマシン
SDP-2015-200
テーブルサイズ(mm):2000X1500
加圧能力(KN):2000
デーライト(mm):1700
最大積載重量(Kg):15000

MICRONTEC ガンドリル GD-1200 H/NC
テーブルサイズ(mm):800X1400
MAX.DEPTH(mm):1000
最大積載重量(Kg):5000

三菱電機 放電加工機 EA40M-ADVANCE
工作物最大寸法(mm):1900X1100X600
最大積載重量(Kg):5000

熊本新工場 動画公開 (2017.2)

熊本新工場をドローン撮影した動画を、You Tubeにて公開しております。
どうぞご覧ください

【熊本工場 ドローン撮影動画】

「現代の名工」 「あいちの名工」 表彰されました

名古屋精密金型で活躍されているお二人の技術が認められ、
平成27年 卓越した技能者(現代の名工)  MSV 平原忠志副社長
平成28年 愛知県優秀技能者(あいちの名工)  本社工場 ミガキ係 木下猛技師
それぞれ表彰をされました。

※「現代の名工」とは…
次の各号のすべての要件を充たす者であって、都道府県知事全国的な規模の事業を行う事業主団体等から推薦のあった者のうち、厚生労働大臣が技能者表彰審査委員の意見を聴いて決定する。
① きわめてすぐれた技能を有する者
② 現に表彰に係る技能を要する職業に従事している者
③ 技能を通じて労働者の福祉の増進及び産業の発展に寄与した者
④ 他の技能者の模範と認められる者

※「あいちの名工」とは…
技能者に対する社会一般の認識を高めるとともに、技能者の社会的地位及び技能水準の向上を図るため、県内の事業所に勤務(自営業の方も含みます)し、優れた技能を持ち、その技能を通じて社会に貢献された方

平成27年 現代の名工 表彰式

2016年9月1日 熊本工場移転致しました

【1】工場の外観
 
 
【敷地面積
】:8,160㎡ 【事務所棟】:815㎡ 【工場棟】:1,605㎡  

事務所棟外観

工場棟外観

【2】工場主要箇所
 大型から微細まで、様々な金型製作を実現。又、金型の補修・メンテは土日・祝日も対応いたします。
 ①大型金型の対応
 ②微細加工の対応(微細加工専用加工室完備)
 ③15tクレーン完備による大物金型メンテナンスの実施

①クレーン重量:最大15t完備
15t/7t親子クレーン1基
7tクレーン3基の計4基

②鏡面ミガキ専用ミガキ室の設置

③空調管理下での微細加工専用加工室設置

④直線ラインを保持した機械専属棟

【3】設備導入:現時点での増設計画
  9月:3次元測定機導入
10月:ガンドリル機/ダイスポッティングマシン(200t)導入
11月:大型放電機/電極加工機ロボドリル導入
  3月:立型MC【V77L】導入
  3月以降:大型対応門型マシニング導入予定



【4】拠点
 所在地:熊本県菊池郡菊陽町原水字上大谷3802番地32 原水工業団地(セミコンテクノパーク内)
 原水工業団地内という好立地条件により、周辺環境も整っております。

アクセス
熊本空港より10km(車で約20分)
熊本ICより11km (車で約20分)
原水駅より約4km (車で8分)


※空路・陸路のアクセスが非常に便利であり、交通の利便性が高い拠点でもあります。

2016年秋 MSV 大型専門工場増設

MSV 増強設備紹介 (2016.12)

大物金型(4輪ランプ関係)の加工が可能となりました
★ダイスポッティング導入 大型金型の合せを正確に行います!
★ガンドリル導入  冷却穴加工の精度向上と時間短縮を可能に!

新工場にはまだまだスペースに余裕がありますので、
将来的には大型放電加工機微細加工機三次元測定機等を導入予定です。
今後のMSV発展にご期待ください

MSV 工場増設状況(2016.9.19時点)

8月末に工場が完成しました

【新工場面積】     1240㎡
【機械設置】      10月中旬~下旬
【稼働開始】      11月~
【新設機械】      OKKマシニングセンタ、オークママシニングセンタ、ガンドリル、ダイスポッティング
【加工可能サイズ】   4輪金型(HLレンズ、ハウジング、ケース等)、
              アルミダイキャスト金型(2輪のホイール型)

本社工場 設計での研修

Contents List

実習制度
採用情報
株式会社名古屋精密金型 プラスチック金型の設計、製造

本社工場・技術管理本部
〒470-2102
愛知県知多郡東浦町大字
緒川字北鶴根66-5
TEL (0562)84-7600
FAX (0562)84-7644

熊本工場
〒869-1102
熊本県菊池郡菊陽町原水字
上大谷3802-32
TEL (096)233-9555
FAX (096)233-9556

宮崎工場
〒889-4222
宮崎県えびの市大字
小田字炎谷1350
TEL (0984)35-2931
FAX (0984)35-2936